Company

会社案内

Company

会社案内

Company

会社案内

ごあいさつ

商いは牛の涎 ( あきないはうしのよだれ )

丑年のことわざ「商いは牛の涎」は、商売をするには牛の涎のようでなければならない。 一時に大もうけしようとせず、細く長く、わずかな利益を積み重ねて財をなすべきだ、と諭しており、物流は「社会の安定の維持」という使命感により、たゆまぬ努力のもとで健全経営に徹しなければなりません。

倉庫は元来「需給調整」「価格安定」「価値保存」という3つの機能により、流通の要(かなめ)としての役目を担っています。公害の出ない装置産業として優れた交通立地を確保し、老若男女を問わない労働集約型業種として地域雇用を創出しています。また、企業統治や事業継続計画、防災等においても高い公共性を求められており、「牛の歩み」ながら、お客様の物流を支え、地域経済に貢献し、足跡を残しています。

「辛(かのと・うし)」の干支は、痛みを伴う衰退と新たな息吹が互いに増強し合う年とされ、滋賀県は「持続可能な経済成長と環境が調和する“グリーン経済”を目指す」としており、これからはもっと広い視野に立った経営感覚が必要とされます。

創業75年を迎えた4月に第8号倉庫(鉄骨4階建て、所管面積12,000㎡)が本社敷地内に完成いたします。ここに2030年2050年を見据えた第一歩をしるし、リスクをマネジメントする気概で臨む所存でございます。

「新倉庫創造」です。

会社案内

ごあいさつ
企業概要
沿 革
経営理念